衛星やロケットなど地球の周回を漂っている宇宙ゴミの回収

毎年新しい人工衛星がロケットによって打ち上げられていますが、上がるとは反対に役目を終えたへ衛星やロケットもかなりあるはずです。

そのような人工衛星やロケットは、宇宙ゴミとして地球の周回を漂っているのだそうですが、時にはこれら事故になる危険性もあるのだそうです。

地球に落下してくれば落ちる場所によってはかなり危険ですし、宇宙空間を漂っていることで、他の人工衛星等と衝突してしまうような事もあると懸念されています。

そこで日本の大学のム研究チームが、この宇宙ごみを回収するための効果他の人工衛星を開発する事にしたのだそうで、早ければ2020年ぐらいに実用化されるのではないかと期待されています。

ロケットや人工衛星はかなり高価な部品が使われていることから、これらを回収することでコスト的にも多少押さえられるような気がするのですが、どうなのでしょう?